日経新春杯(G3) 予想 2018

2018年1月14日
中山競馬場で日経新春杯(G3/芝内回り2000m)が行われます。

2018/1/14(日) 日経新春杯(G3)
中山競馬場/芝/2400m
出走可能頭数 18頭

■出走予定馬 予想オッズ

単勝オッズ
ミッキーロケット2.4
モンドインテロ 3.7
パフォーマプロミス 4.3
ソールインパクト5.8
ロードヴァンドール7.4
ベルーフ22.6
ガンコ31.1
サンタフェチーフ49.3
カラビナ61.9
ヒットザターゲット100.4
アクションスター310.1
トルークマクト328.2

ミッキーロケットが連覇を目指し1番人気。G1以外では非常に堅実で、ここも崩れはなさそう。

■注目馬
ミッキーロケット
昨年の当レース以降は未勝利。それでも、京都記念4着、京都大賞典4着、中日新聞杯2着と、すべて掲示板を確保し、勝ち馬から0秒3差以内に奮闘している。掲示板を外したのはG1のみ。切れ味勝負は分が悪く、展開が鍵になるが、G2なら大崩れはしないはず。

モンドインテロ
前走のチャレンジCは明らかに距離不足でありながら、後方から上がり3ハロン最速の34秒4の脚を使って4着まで追い上げた。昨年の56.5キロから0.5キロ増の57キロになるが、ミッキーよりはハンデが軽く、逆転の可能性も十分ある。京都も3戦して2勝、3着1回と得意な舞台。

ソールインパクト
格上挑戦だったアルゼンチン共和国杯でスワーヴリチャードの2着に好走。勝ちきれないタイプだが、芝2400メートルは【1・0・3・0】の安定感。京都でも2着が2回と、コース適性もある。

ロードヴァンドール
前走の中日新聞杯は56キロで逃げて3着に踏ん張った。上位馬には決め手で劣ったが、マイペースならしぶといことを改めて証明した形だ。3歳時に京都芝2200メートルのメルボルンTを逃げ切っており、克服は可能なはず。

パフォーマプロミス
元々スタートがあまり良くない馬で、今までならその形で間違いなくボロ負けしていたの3走前の六社Sではソールインパクトに先着している。6歳にして初めての重賞挑戦だが、デビューが3歳9月という晩成型。キャリアわずか11戦なら、まだ成長が期待できる。ハンデも54キロと手頃。

■過去データ(10年分)
人気別集計

1番人気の複勝率70%、2番人気60%と上位人気の信頼度は非常に高いレース。買い人気も若干馬券に絡む傾向はあるので、上位を軸に固めるか、下位の穴馬を狙うかで分かれそうです。

枠順集計

2枠の成績が悪いものの、1枠、3~4枠の連対、複勝率は高くセオリー通りの内枠有利。

脚質集計

逃げ馬の勝率が高いものの、連対、複勝率では差し馬が上。逃げ切るか、差し馬が届くか、展開の読みが必要になりそうです・

■総括
長距離戦と言う事もあり、上位人気で決まりやすいレース。内枠の1番人気、もしくは2番人気から流すのが良さそうです。実力があれば外枠でも可能性はありますが、外枠は割引材料。
ロードヴァンドールが逃げる形、単騎逃げの可能性は高そうです。ミッキーロケット、モンドインテロ、ソールインパクトの3頭、そして逃げるロードヴァンドール辺りが濃厚。

◆口コミ投稿フォーム

ご投稿頂きます口コミ、検証、評判、評価、レビュー、体験談、感想、攻略法、必勝法、比較などの情報につきましては、当サイトをご利用のユーザー様が優良サイトを無料で発見して頂く為に、信憑性が高いと判断させて頂いた情報のみ掲載させて頂いております。なお、関連しない口コミ、検証、評判、評価、レビュー、体験談、感想、攻略法、必勝法、比較などの情報につきましては、各種ランキングの信用度を下げる形となり得るので一切掲載致しません。予めご了承ください。