高配当4億円

JRAの過去最高配当は4億円超!地方競馬の配当金もアツイ!

競馬の魅力はやっぱり一攫千金の万馬券ですよね。過去どのぐらいの配当金額が出たのかを調べてみました!

◆競馬の魅力の一つは配当金!

2014年10月、当時JRA史上最高額の払い戻しが発生しました。
その金額なんと、2億円オーバー

完全に運に左右される宝くじと違って、競馬はデータ分析と統計で的中率を上げることが出来るスポーツです。
自分の努力次第でその手に2億円を掴めるなら、ギャンブラーじゃなくても競馬にのめり込んでしまうのも納得できます。

競馬の大きな魅力は、自分の予想と分析が生み出す配当金にあるのです。

◆過去に出た最高配当金額は4億円超

前述した2億円オーバーの最高配当金は、2年後の2016年8月に大幅に塗り替えられます。
その金額、なんと4億円。
この超高額な配当金がどうやって出たかというと、WIN5(5重勝単勝式馬券)という馬券の買い方に理由があります。

WIN5とは2011年にJRAがインターネット販売限定で開始した比較的新しい馬券の買い方で、オッズが存在しません。
その馬券の買い方はJRAが指定した5レース全ての1着馬を当てるというもので、オッズではなく売られた票数と的中票数を照らし合わせたキャリーオーバー制になっているのです。
キャリーオーバーの最高額は6億円なので、最高でも6億円を手にするチャンスがあります。

2016年の配当金4億円は、このWIN5から出たのです。
この4億円以外に、1年間に2億円が2本出た年もあります。
WIN5は、たった100円から2億円、最高6億円を手にすることが出来るかもしれない、夢のような馬券です。

◆地方競馬の配当はどのくらいあるの?

億を超える配当金が出る中央競馬ですが、賞金が低い地方競馬の配当金はどうなっているのでしょうか。

地方競馬は中央競馬と違い、ほぼ毎日レースが行われています。
地方競馬は中央競馬に比べて出頭数が少なく、馬の力量差が大きいので、比較的馬券を的中させやすくなっています。
的中率が良くても配当が低いからやらないという人もいますが、3連単における高配当の割合は中央競馬と変わりません。
また、出頭数が少ないため的中率は高くなっていますが、その分人気の馬が絡む複勝の配当は一気に低くなります。
能力的に強い馬は高確率で馬券に絡むため、人気のない馬の馬券を買っても配当金に期待は出来ません。

◆WIN5以外でも高額配当の馬券はある?おすすめは3連単

WIN5以外に高い配当を出したのが、2015年2月に大井競馬場で出たSPAT4LOTOトリプル馬単の高額配当7476万7615円です。
SPAT4LOTOトリプル馬単もWIN5と同様3レースの馬券を全て的中させるもので、オッズではなくキャリーオーバー制です。
馬券も50円から10円単位で購入出来るので、WIN5の100円から6億円と同様、かなり夢のある馬券になっています。

しかし、WIN5やSPAT4LOTOトリプル馬単は競馬上級者でも中々当てることが出来ないものです。
競馬初心者の方が比較的高配当を狙うのならば、3連単をおすすめします。

3連単は3着以内に入る馬を着順通りに的中させる馬券です。
3連複と違い着順通りに当てなければいけないので、難易度はぐっと高くなり、その分配当金も高い金額になることが多いです。
中央競馬での3連単のデータの場合、3連単の万馬券の可能性は約75%と言われており、1レースの結果だけで払い戻される馬券の中では、一番高配当が出やすい馬券となっています。

◆目指せ!最高配当!

競馬は100円や50円で一攫千金を狙えるギャンブルです。
それも、宝くじのように運まかせではなく、過去の統計やデータから自分で予想を組み立て、的中率を上げることが出来ます。
地道に働いても一生手に入れられることが出来ないような金額を、競馬で狙ってみるのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です