主要レース」カテゴリーアーカイブ

競馬界最高の栄誉!日本ダービー!

数ある競馬ケースの中でも特別なレース!日本ダービー

日本ダービーとは毎年初夏に行われる東京優駿の副称です。
数ある競馬レースの中で最も知名度が高く、日本競馬史上入場者が多い日本ダービー。
今回は、その日本ダービーについて説明したいと思います。

日本ダービーとは?

日本ダービーは1932年にイギリスのダービーステークスを模して今は無き目黒競馬場に創設されました。
後に創設された「皐月賞」「菊花賞」と共に三冠競争を構成するほか、3歳牝馬による「桜花賞」「優駿牝馬(オークス)」を含めてクラシック競争とも称されます。
現在は東京競馬場に開催地を変更しており、このレースを優勝することは日本競馬に関わる全てのホースマン(競馬関係者)が憧れる最高の名誉とされています。
皐月賞は「最も速い馬が勝つ」、菊花賞は「最も強い馬が勝つ」と言われるのに対し、日本ダービーは「最も幸運に恵まれた馬が勝つ」と言われています。
一般的には東京優駿よりも「日本ダービー」の副称の方が広くしられ、広告や新聞などでも日本ダービーの名前を使われる事が多く、
日本競馬史上一番入場者が多かったことのあるレースとして競馬界を盛り上げています。
カリスマ騎手で知られる武豊騎手はあのディープインパクトやその息子キズナに騎乗してこのダービーを5回制しており、この記録は今だ誰にも破られることなく伝説となっています。
距離は芝2400メートルで、出走資格はサラブレッド系3歳牡馬・牝馬で最大18頭になります。
JRA所属馬・地方競馬所属馬・外国調教馬が出走資格が与えられ、2016年の1着賞金は2億円でした。

2016年の日本ダービー(東京優駿)のレース展開は?

オッズは?

ディーマジェスティ 3.5
サトノダイヤモンド 3.8
マカヒキ 4
リオンディーズ 5.5
スマートオーディン 11.7
ヴァンキッシュラン 16.6
エアスピネル 21.3
レッドエルディスト 57.8
ロードクエスト 70
マウントロブソン 89.8
プロディガルサン 104
レインボーライン 155.4
アジュールローズ 159.4
マイネルハニー 175.1
イモータル 268.6
アグネスフォルテ 274.5
ブレイブスマッシュ 350.6
プロフェット 375.5

1番人気は1枠1番 ディーマジェスティ
前走の皐月賞で同じ枠内のマカヒキに1馬身以上差を付けたディーマジェスティが1番人気。
枠順も良い位置を引いた幸運のディーマジェスティがこのままダービーを制するのでしょうか。

2番人気は4枠8番 サトノダイヤモンド
武豊と共にダービーを制したディープインパクト産駒、サトノダイヤモンドが2番人気。
持続力と瞬発力のバランスが良い馬なので、ダービーには合っていると思います。

3番人気は2枠3番 マカヒキ
皐月賞ではディーマジェスティに敗れたマカヒキが3番人気。
同じディープインパクト産駒として、皐月賞の雪辱を晴らすことが出来るのか注目です。

レース展開

皐月賞ではサトノダイヤモンド、リオンディーズ、マカヒキの三強を破って優勝したディーマジェスティが1番人気で幕を開けた2016年の日本ダービー(東京優駿)。
レースは期待通りの熱戦となり、特に皐月賞で2着のマカヒキと3着サトノダイヤモンドによる雪辱をかけた壮絶な追い比べには、数々の競馬ファンが固唾を飲み見守りました。
直線で坂を駆け上がりながら先頭に出たエアスピネル、その外からサトノダイヤモンドとディーマジェスティも迫ります。
レースで無駄なことはしない馬と語った川田騎手の言葉通り中団の内でじっくりと足をためることに成功したマカヒキは、前に見えるエアスピネルとサトノダイヤモンドの間に割って入ります。
残り100メートル、勝負はマカヒキとサトノダイヤモンドに絞られると、2頭のつば競り合いはゴールまで続き、最後はハナ差でマカヒキがレースを制しました。
2016年の最も栄光のある幸運を掴んだのは皐月賞の雪辱を見事晴らしたマカヒキでした。

【PR枠】

日本ダービー(東京優秀)のレース展開を予想しよう!

☆重要レースの予想には競馬予想サイトの利用がおすすめ!
競馬サイトは過去何十年分というデータもしっかりと分析しているので、予想に根拠があります。
また、個人ではなかなか知りえないような情報を扱っていたりもするので、自分で予想をする人にも、有益な情報が得られます。
競馬が初心者の人でも、無料で買い目や穴馬を紹介している的中率の高い競馬予想サイトもあるので、うまく使えば無料で勝てる競馬が出来ます。

競馬予想サイトを使って日本ダービー(東京優駿)をもっと楽しもう!

日本で1番盛り上がる競馬の祭典、日本ダービーで勝つためには競馬予想サイトを利用しよう!
最も幸運な馬が勝つと言われる日本ダービーは、強い馬ばかりが揃うため予想が難しいレースです。
競馬予想サイトは過去のレース分析や素人では手に入れられない情報を配信してくれているので、
難しいレースの予想でも的中させることが出来ます!
競馬が初心者の人や、競馬を使ってもっと稼ぎたいという人は競馬予想サイトのご利用をおすすめします。

おすすめ競馬予想サイト

ハイブリット

プライド

牝馬NO.1決定戦!エリザベス女王杯を予想しよう

エリザベス女王杯とは?

エリザベス女王杯は、秋に京都競馬場で開催される中央競馬の重賞レースです。
1970年から1975年まで京都競馬場の芝2400mで行われていた4歳(現3歳)牝馬限定の重賞「ビクトリアカップ」が前身で、中央競馬における
4歳牝馬三冠競争の最終戦に位置付けられていました。
1996年に牝馬競争体制が見直され、出走条件が「4歳牝馬」から「4歳以上牝馬」に変更され、合わせて施行距離も芝2200mに短縮されました。
さらに同年には4歳牝馬三冠の最終戦として「秋華賞」が新設された為、エリザベス女王杯は牝馬三冠路線を歩んできた実績馬達が集い
名前の通り女王を争うレースへと位置づけが大きく変わりました。

2016年のエリザベス女王杯のレース展開は?

オッズは?

マリアライト 3.1
ミッキークイーン 3.6
クイーンズリング 6.1
タッチングスピーチ 6.2
パールコード 8.4
シュンドルボン 18.9
マキシマムドパリ 28.8
ヒルノマテーラ 31
デンコウアンジュ 51.6
アスカビレン 54.2
シャルール 55.2
シングウィズジョイ 61.6
メイショウマンボ 74.6
プリメラアスール 102.9
プロレタリアト 105.6

1番人気は2枠1番 マリアライト
2015年のエリザべズ女王杯の覇者にして、2016年の宝塚記念の勝ち馬マリアライトが1番人気。
前哨戦の2200mでは大敗しましたが、叩き良化型だと考えれば今回も十分期待は出来ます。

2番人気は1枠1番 ミッキークイーン
半年の休み明けですが実力は上位のミッキークイーンが3番人気。
状態面に不安は残るものの、距離も問題なく、京都外回りとの相性は良いと思います。

3番人気は2枠3番 クイーンズリング
2015年の牝馬クラシックをすべて走り、2016年の京都牝馬ステークスと府中牝馬ステークスの2つを制した
クイーンズリングが3番人気。2200mの長距離に対応出来るかが勝負のカギです。

◇レース展開
単勝オッズ3.1倍に推された1番人気のマリアライト、底力を武器に連覇を狙う2番人気のミッキークイーン。
二強対決に注目が集まる中、初のGI勝利を果たし女王に輝いたのは3番人気クイーンズリングでした。

過去5回挑んだG1では1度もマリアライト・ミッキークイーンに先着したことのないクイーンズリングは、
今回のレースでも後手に回った位置からのスタートとなってしまいます。
しかし向こう正面で前方に進出すると、外に並ぶマリアライトとミッキークイーンの様子を伺う絶好のポジジョンを確保します。
4コーナーで各馬が追い出しを開始すると、パールコード、ミッキークイーンに挟まれて行き場をなくしかけるも
間を割って突き抜け、粘るシングウィズジョイをクビ差捉え見事先頭ゴール。
追いすがったミッキークイーンは3着、1番人気マリアライトは6着のゴールだった。

【PR枠】

エリザベス女王杯のレースの行方を予想するなら、競馬予想サイト

☆重要レースの予想には競馬予想サイトの利用がおすすめ!
競馬サイトは過去何十年分というデータもしっかりと分析しているので、予想に根拠があります。
また、個人ではなかなか知りえないような情報を扱っていたりもするので、自分で予想をする人にも、有益な情報が得られます。
競馬が初心者の人でも、無料で買い目や穴馬を紹介している的中率の高い競馬予想サイトもあるので、うまく使えば無料で勝てる競馬が出来ます。

・競馬予想サイト1(site)

・競馬予想サイト2(勝馬の栞)

エリザベス女王杯を狙うなら競馬予想サイトを使おう!

牝馬女王を決めるエリザベス女王杯を予想するには、競馬予想サイトの利用をおすすめします。
エリザベス女王杯は、あまり高額配当が出ていない比較的平穏なレースになっています。
その為予想がしやすく、単勝でも十分稼げると思います。
幅広い予想を参考にして回収率を上げるために、プロの予想家がいる競馬予想サイトの利用してみてはどうでしょうか。

天皇賞はアツイ展開が繰り広げられる人気レース!

天皇賞とは?

天皇賞はJRAが春・秋に年2回施行する中央競馬のG1レースです。
1937年に第1回とされる「帝室御賞典」が開催されていますが、前身となるエンペラーズカップまで遡ると1905年に起源を持ち、
日本競馬の中では最高の格付けとなるG1の中でも、長い歴史と伝統を持つ競争です。
現在は賞金の他、優勝賞品として皇室から楯が下賜されており、天皇賞を盾と通称することもあります。
春は京都競馬場で、秋は東京競馬場でそれぞれ行われています。

2017年の天皇賞(春)のレース展開は?

オッズ

キタサンブラック 2.2
サトノダイヤモンド 2.5
シャケトラ 9.9
シュヴァルグラン 12
ゴールドアクター 20.7
アルバート 22.4
レインボーライン 23.2
ディーマジェスティ 35.8
トーセンバジル 79.6
アドマイヤデウス 100
ワンアンドオンリー 113.9
ヤマカツライデン 134.2
ラブラドライト 167.7
タマモベストプレイ 211.5
ファタモルガーナ 219.1
スピリッツミノル 221.1
プロレタリアト 326.8

キタサンブラック 2.2
サトノダイヤモンド 2.5
シャケトラ 9.9
シュヴァルグラン 12
ゴールドアクター 20.7
アルバート 22.4
レインボーライン 23.2
ディーマジェスティ 35.8
トーセンバジル 79.6
アドマイヤデウス 100
ワンアンドオンリー 113.9
ヤマカツライデン 134.2
ラブラドライト 167.7
タマモベストプレイ 211.5
ファタモルガーナ 219.1
スピリッツミノル 221.1
プロレタリアト 326.8

1番人気は2枠3番 キタサンブラック
昨年の天皇賞を制したキタサンブラックが好枠順で1番人気。
始動戦となった大阪杯でも楽々と抜け出し優勝、休み明けを物ともしない走りで連覇を狙います。

2番人気は8枠15番 サトノダイヤモンド
有馬記念ではキタサンブラックと接戦を繰り広げたサトノダイヤモンド。
内枠有利と言われる天皇賞で外枠からのスタートになり、どういった走りをするのか期待です。

3番人気は1枠1番 シャケトラ
前走の日経賞を制したシャケトラが3番人気。
脚足に不安があり、故障に苦しんだシャケトラですが競走馬の素質は十分あり、勝利を狙える馬だと思います。

レース展開

連覇の期待がかかるキタサンブラックが2番手で好スタート。
レースはヤマカツライデンの大逃げで進むが、4コーナーから後ろで好機を狙っていたキタサンブラックに抜かれます。
その後先頭に立ったキタサンブラックは追ってくるシュヴァルグランとアドマイヤデウス、そしてサトノダイヤモンドを交えたラストパート。
有馬記念でキタサンブラックを交わした同馬のラストパートに送られる大歓声の中、キタサンブラックが粘りを見せます。
激しい2着争いを1馬身1/4に見て見事先頭ゴール。
叩き出した時計は3分12秒5、サトノダイヤモンドを3着に振り切って見事レコードで連覇を達成しました。
同じく武豊騎手が騎乗したディープインパクトのレコード3分13秒4をコンマ9秒更新する、見事な走りでした。

【PR枠】

天皇賞のレースの行方を予想するなら、競馬予想サイト

☆重要レースの予想には競馬予想サイトの利用がおすすめ!
競馬サイトは過去何十年分というデータもしっかりと分析しているので、予想に根拠があります。
また、個人ではなかなか知りえないような情報を扱っていたりもするので、自分で予想をする人にも、有益な情報が得られます。
競馬が初心者の人でも、無料で買い目や穴馬を紹介している的中率の高い競馬予想サイトもあるので、うまく使えば無料で勝てる競馬が出来ます。

・競馬予想サイト1(的中ファクトリー)
・競馬予想サイト2(競馬劇場)

天皇賞の予想を当てたいなら競馬予想サイトを使おう!

国内最高クラスの賞金、皇室から下賜さらた天皇楯の権威、長い歴史と伝統に裏打ちされた天皇賞は、今も「古馬最高の栄誉」とされています。
実力馬同士が頂点を競う「堅いG1レース」のイメージでしたが、近年はすっかり荒れるG1レースへ変貌しています。
天皇賞は外回り3200mと長距離の為、その距離を走り切れる適性や後方からの追込みなど、様々な要素で1番人気の馬たちが敗れています。
そんな荒れる天皇賞を上手く予想するなら、競馬予想サイトの利用もおすすめします。

西日本競馬

地方競馬で選ぶべき馬とは!?西日本競馬攻略法

地方競馬がアツイ!

地方競馬は中央競馬と比べ賞金の額が少なく、また重賞レースも行われない為、あまり注目されていませんでした。
しかし、インターネットの普及で全国どこでも馬券が購入できるようになり、さらに予想の当てやすさから、地方競馬を楽しむ競馬ファンも増えています。
今回は、西日本の地方競馬の魅力について紹介します。

地方競馬ならではの取り組み

地方競馬には平地競争とばんえい競争があり、いつもTVなどで目にする中央競馬とはまた違った面白さがあります。
今回は、中央競馬にはない地方競馬ならではの競馬を紹介します。

★ばんえい競争
ばんえい競争とは、北海道帯広市がが主催する「ばんえい競馬」のみで、世界的に見ても唯一の形態となる競馬です。
ばんえい競争では一般的な平地競争で使用されているサラブレッド系種などの「軽種馬」や北海道和種の「どさんこ」は使われず
古くから農耕馬として利用されてきた体重800-1200kg前後の「ばんえい馬(重馬種)」が、騎手と重量物を積載した鉄製のそりを曳き
台形状の小さな山からなる2か所の障害が設置された200mのセパレートコースで力と速さ、持久力や騎手のテクニックを競うものです。

★ナイター競馬
ナイターと言われて真っ先に思い浮かぶのは野球のナイター戦だと思うのですが、競馬でも全国7か所の競馬場でナイター競馬が行われています。
土日にレースが開催される中央競馬と違い、平日でもお客さんが来場しやすいように平日夜に開催されたのが始まりだそうです。
ナイター競馬を始めて開催したのは大井競馬場で「トゥインクルレース」の愛称で親しまれています。
ナイター競馬の魅力は仕事帰り競馬場へ赴けるだけでなく、照明に照らされながら走る競走馬達は美しく、昼間とはまた違ったレースを楽しむことが出来ます。
最近は競馬場も綺麗になり、おしゃれなレストランや夏はビアガーデンなんかも開催されていますし、イルミネーションも綺麗なのでデートにも使えるのではないでしょうか。

★馬券の種類
従来の9種類の馬券に加え、地方競馬では七重勝単勝式や五重勝単勝式も販売されています。
これは最終レースから数えて5レースまたは7レースの全ての1着を当てる方式で、JRAではwin5という名称で販売されています。
七重勝単勝式はキャリーオーバー制ですので、配当金も高額になりやすい馬券になります。

地方競馬は逃げ馬が有利?

地方競馬は中央競馬に比べ、競馬場の作りが全体的に小規模になっています。
中央競馬よりもコースの幅が狭い為、スタートに失敗すると前の馬を追い越すタイミングが難しく、スタートに力がある逃げ馬や先行馬は有利と言われています。
地方競馬は盛岡競馬場以外ダートコースでレースが行われており、芝と違ってパワーと持久力、各競走馬の実力がそのままレース結果に直結するので、
あまり荒れた展開にならず、序盤からスピードを上げきって逃げてしまえる馬が勝つ傾向が強い傾向にあるのです。

西日本にある地方競馬の攻略法

西日本にある各地方競馬の攻略法を紹介します。

★園田競馬場
兵庫県尼崎市
園田競馬場は兵庫県競馬組合が主催しており、他の地方と違い兵庫単独の団体の人馬のみで組まれます。
馬券発売が行われる競馬場の中では1番小さい競馬場で、行われるレースはほぼ1周1400mのダートレースになります。
単独団体の騎手・馬のみで組まれている為、顔ぶれにあまり代り映えがなく、能力差も分かりやすいです。
その為、JRAから移籍してきた強い馬が現れるとその馬中心の展開になりやすいので、予想もしやすいと思います。

★名古屋競馬場
愛知県名古屋市 ※2022に弥冨市に移転が決まっています。
名古屋競馬場は1周1400mのダートコースですが、もっとも直線が短いコースと言われており、そのほとんどが曲線のコーナーで構成されています。
その為、逃げ馬がかなり有利なレース展開になることが多いです。

★笠松競馬場
笠松競馬場は1周1400mのダートレースが最も行われる競馬場です。
また、コースの高低差が1.92mもあり、盛岡競馬場に次いで2番目にアップダウンの差が大きい競馬場です。
その為外枠が有利になりやすく、ある程度差しも決まりやすい競馬場になっています。

名古屋競馬場と笠松競馬場は同じ東海地区ということで、1週間おきに交互にレースを開催しています。
その為、自場が休みでも騎手や馬がもう一方に遠征してレースに出走することは珍しくありません。
レースを予想する上で気になるのが名古屋競馬と笠松競馬の馬の能力差ですが、現段階では名古屋競馬の馬の方が上です。
ですので、予想する際にはまず名古屋競馬の馬を軸に考えたほうが良いでしょう。

西日本の地方競馬を楽しもう

西日本の競馬場はB級グルメが豊富です。
さらに笠松競馬場はあの名馬「オグリキャップ」がデビューした競馬場なので、中央でG1を制するような馬がこんごも出てくるかもしれません。
北海道では普通の競馬とは一味違うばんえい競馬も楽しむことが出来ます。
有名なレースも多く、お祭りのように盛り上がる中央競馬も面白いですが、平日の仕事帰りにふらっと寄ってみたり
自分の出身地の馬を応援するなど、地方競馬もぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

東日本競馬

当てやすいのは地方競馬!?東日本の地方競馬攻略!

日本全国どこからでも購入可能!地方競馬

地方競馬とは、主に地方公共団体が主催している競馬のことを言います。
近年はインターネットの普及により、全国どこでも馬券の購入が可能になったことから、中央競馬だけでなく地方競馬も活性化しています。
今回は東日本の地方競馬の魅力について紹介します。

中央競馬と地方競馬の違いは?

中央競馬と地方競馬の1番大きな違いは、どの団体が運営しているかということです。
中央競馬は農林水産省が管轄していますが、地方競馬が各地の自治体が運営しています。
その為、競馬場の売り上げも、中央競馬は国庫(国の収入)になるのに対し、地方競馬は運営している各自治体の収入になります。
元々は、終戦直後に戦災復興の目的で各地方自治体の財源を確保するために地方でも競馬が行われるようになりました。
近年ではパチンコや他のギャンブルとの競合、不景気の煽りを受けて廃止や縮小してしまう競馬場も少なくありません、

次に、中央競馬と地方競馬では開催日に大きな違いがあります。
中央競馬は土日や祭日に行われるのに対し、地方競馬は平日、しかもほぼ毎日開催していて、
ナイターも行われている為、仕事帰りに競馬場へより、レースを楽しむことも可能です。

地方競馬はダートコースがほとんどで、芝のコースはあまりありません。
理由は芝の維持費が掛かる、レース開催日が多いので芝が痛みやすい、競馬場が調教施設としての意味を持っているからなど様々です。

実は地方競馬は当てやすい?

地方競馬は中央競馬と比べて予想がしやすいと言われますが、実際にどんなところが予想しやすいのか紹介したいと思います。

★ダートコース
地方競馬はダートコースでのレースがほとんどですが、ダートは固い路盤の上にクッション砂を敷き詰めていて、この砂厚と呼ばれる厚みが
厚ければ熱いほどスピードが出づらくパワーが必要になってきます。
基本的によっぽど悪天候でない限り、どこの競馬場でも全開催日を通じて砂厚は芝の痛み具合と比べてあまり変動しません。
芝の痛み具合によって、コースの内外で有利不利が変動しやすい芝コースよりも、開幕週から最終日まで、大体いつも同じコンディションをキープできるダートの方が予想が組みやすくなります。
さらに、ダートは芝と比べて先行馬が粘りやすく、差し馬が届きやすいという特徴があるので、それだけでも予想がし易くなります。

★騎手
地方競馬は「同じ競馬場で同じ競走馬に騎乗する」可能性が中央競馬よりも高く、騎手の勝率も高くなる傾向にあります。
中央競馬に比べて各競馬場を転々としながら騎乗せず、特定の競馬場で騎乗することが多いため、その競馬場で開催される各レースの特徴や攻略のコツを掴みやすいのです。
騎手の力量によるところが大きくなる地方競馬は、軸となる騎手がどの馬に乗っているのかだけでも予想の大きな判断材料になります。

★馬
馬も同じ競馬場に通いつめなので、その馬の癖や、どんな走り方をするのかが把握しやすいです。
前述したとおり先行馬が粘りやすいので軸馬での予想も立てやすいと思います。

東日本にある地方競馬の攻略法

東日本にある各地方競馬の攻略法 を紹介します。

★大井競馬場
東京都 品川区
大井競馬場は日本で1番荒れる競馬場と言われています。
理由としては、JRAではそこそこだけど地方に行く程弱くない“中間層”の馬が集まり、実力が拮抗しているからと言われます。
また、地方競馬最大の頭数とリーディング順位の差が小さいことも理由の1つに挙げられると思います。
そんな荒れるレースが行われる大井競馬場の攻略方法は、枠順による有利不利が読めるかどうかにかかっています。
クッション砂の下の路盤はコース外側から内側に無かって傾斜しているため、雨風による砂の流動や、馬場の乾き具合が内外によって違う場合があります。
レースを見ながら、ゴールデンレーンを通過する馬がどの枠順なのか、内外どちらがよく来るのかを確認し、予想をする必要があります。

★川崎競馬場
神奈川県 川崎市
川崎競馬場は1周距離が1200mと大井競馬場や船橋競馬場に比べてひとまわり小さいサイズになります。
その為南関東4競馬場の中で最もコーナーが短く、急カーブのコースになります。
速さだけでなく、器用さや技術も問われることから、川崎競馬場では地元のそれなりに経験年数のある騎手の馬券を買うことをおすすめします。
小回りコースの為、砂の深さなどが影響しなければインコースのポジションを確保しやすい内枠有利になることが多いです。
コース図から受ける印象と実際の枠番別成績が一致している、とても分かりやすい競馬場だと思います。

★船橋競馬場
千葉県 市川市
船橋競馬場は1周1400mと南関東4競馬場の中では大きいコースになります。
また、スパイラルカーブを採用していることでも有名です。
スパイラルカーブは直線からコーナーに入る時は緩やかなカーブで、コーナーから直線へ出るときはきついカーブになっているコースのことです。
入口が緩やかなのでコーナーへ進入しやすく、出口ではコーナーに高低差がついている為、馬郡がばらけやすく差し馬が有利になる可能性高いです。
予想する際は、ゲートの反応速度と、ゲートを出てからのダッシュ力がある馬をチェックしておくと良いと思います。
船橋競馬場では重賞の開催があまりありませんが、コースの特徴さえ掴んでいれば予想が難しくない競馬場だと思います。

東日本の地方競馬を楽しもう

地方競馬には、中央競馬にはない魅力がたくさんあります。
平日はほぼ毎日開催されるレース数の多さ、大井競馬場の「トゥインクルレース」に代表されるナイター競馬。
さらに、フェブラリーステークスのように地方馬が中央競馬への切符を手にする場合もあります。
有名なレースも多く、お祭りのように盛り上がる中央競馬も面白いですが、平日の仕事帰りにふらっと寄ってみたり
自分の出身地の馬を応援するなど、地方競馬もぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

競馬新聞

競馬予想の強い味方!東スポを活用しよう

競馬好きならチェックしておきたい!東スポの競馬欄

競馬予想を立てる際に、参考にするのが競馬新聞です。
競馬新聞には「専門紙」と「スポーツ新聞」があり、専門紙は500円、スポーツ紙は140円とスポーツ紙の方が低めの価格設定になっています。
特に人気があるのが東京スポーツこと「東スポ」で、競馬初心者でも利用している方は多いと思います。
今回は、そんな東スポの競馬欄の見方を紹介したいと思います。

東スポってどんな新聞?

東京スポーツとは、東京スポーツ新聞社が発行する日本の夕刊スポーツ新聞です。
プロレス界に顔の広かった児玉誉士がオーナーとなり、創刊当時からプロレスの記事を大きく扱うスポーツ紙です。
競馬に関しては中央競馬の全レース(最大36レース)の場柱が掲載されています。
地方競馬や公営競技についても、ナイターを中心に予想を掲載することがあります。
エリアごとによって紙名が変わり、関東・東北・北海道は東スポ、近畿・中国地方は大阪スポーツで大スポとなります。

競馬情報ってどうやって読むの?

①競馬情報の見方
1. 枠と番号
ゲートのどこからスタートするのかを示す馬番と、出走グループを表す枠番が記載されていて、これは騎手のゼッケンにも同じ番号が記載されています。

2. 馬の名前
真ん中に大きく書いてあるのが、その馬の名前です。
右側が父馬の名前、左が母馬の名前、母馬の下に書いてあるのが母馬の父の馬名。
これは血統予想をする人にとって重要な情報になります。

3.性別
牡と記されているのはオス、牝と記されているのはメスです。

4.脚質
馬の脚質は「逃げ」「先行」「差し」「追込み」「自在」の5つに分かれ、
競馬を予想する上で重要な要素になってきます。
差しの場合は「差」や矢印の位置で記載される事が多いです。

5.騎手との相性
レースで騎乗する騎手がこれまで馬に騎乗した時の成績も記載されいます。
左から1着、2着、3着、着外の回数になっているので、1着の回数が多ければその馬との相性は良いことになります。

東スポの競馬予想って実際どうなの?

東京スポーツには虎石晃さんなど、知名度の高い予想家さんが多くいます。

①東スポの予想家

・虎石晃
ウィニング競馬に解説者として出演している方です。競馬予想家の中でもトップクラスと言われていて、堅実な買い目から大穴狙いまで、様々な馬券の買い方をします。

・アンカツ
元ジョッキー。地方から中央競馬へ移籍し、大舞台でも強さを発揮した方です。元騎手ならではの視点で予想を行っています。

・舘林勲
堅実な予想をすることが多い方。競馬初心者にとっては、とてもお手本になる競馬予想です。

②当たるかどうか
東スポに掲載されている予想家の方たちはある程度知名度のあるプロの予想家の方たちですが、競馬に絶対はありませんので当たるかどうかは運になります。
しかしどの方たちも競馬界では実力のある方たちなので自分の予想の参考になることは大いにあると思います。
もっと精度の高い予想がしたい場合は、競馬新聞だけでなく、競馬予想サイトも併用するとより多くの情報が集まり、的中率も上がると思います。

東スポでいろんな情報をあつめよう!

東スポは中央競馬の全レースの馬柱を掲載している為、140円で様々な予想に役立つ情報を手に入れることが出来ます。
また、掲載されている予想家の方々も、この業界では知名度のあるプロの予想家達なので、予想するのに十分役立つと思われます。
しかし、プロの予想も絶対ではない為、より予想の精度をあげるならば、競馬予想サイトの併用も視野に入れてみましょう。

単勝競馬

単勝競馬はここを狙う!収益をコンスタントに得る必勝法

勝ちにこだわる勝負師こそ実践する単勝競馬の魅力

単勝競馬は他の馬券と比べて配当が低いため、手を付けない人も多いのですが、単勝でも他の馬券種と同じように長期回収率をプラスにすることは可能です。
競馬の馬券の中で1番シンプルな買い方ですが奥が深い、単勝競馬の必勝法について解説していきます。

単勝競馬で求められる要素とは

競馬には様々な馬券の種類があり、それぞれの的中の条件やオッズの付き具合などが異なりますが、その中で最も古くからある馬券の1つが「単勝馬券」です。
単勝馬券はその名の通り1着の馬を当てる馬券ですので、1着2着3着を着順通りに当てなければいけない「3連単」や、上位3着を当てる「3連複」よりハードルが下がります。
その分オッズも下がってしまうので、ギャンブルとして競馬を楽しんでいる人は配当の高い3連単を狙うのが普通の買い方になります。
3連単であれば余程の人気馬3頭で固めない限りオッズが100倍以上付きますし、配当が1万円を超える万馬券も狙いやすいと思います。
しかし、単勝馬券で万馬券が出ることはほぼありませ。
レース前に100倍以上の単勝オッズの馬がそのレースで勝つ可能性は、1%に満たないからです。
そのため、単勝馬券で稼ぐ為には1回のレースで大金を賭ける必要があり、そうすると外れた時の損失も大きくなってしまいます。
しかし、そんな単勝馬券でも、ちゃんと稼げる方法はあります。

的中率の高さが期待出来る購入方法は3つ

単勝馬券はレースで1着になる馬を予想する買い方ですが、これは競馬をするうえで最も基本的な考え方です。
例えば、馬連や枠連と言った連対式の馬券でも、1着に来る馬がどれかを選べない限り、的中させることは出来ません。
つまり、単勝で的中させる予想をマスターすることが出来れば、複勝はもちろん3連単など連対式の馬券を予想る時にも応用が出来るので、
自分自身の的中率を上げることにも繋がります。

では、実際に単勝で的中させるにはどういう買い方をすれば良いのか、説明したいと思います。

的中率の高さが期待できる購入方法は3つ

1、一点買い
単勝で馬券を買う場合、一点買いをする人も多いと思います。
単勝は配当が低いことが多いので、たくさん馬券を買っても損をしてしまう“トリガミ”になってしまうことが多いんです。
その為、多点買いをするよりは高確率で1着になりそうな馬に一点賭けをした方が損をするリスクは低くなります。
ですが、必ずしも1番人気の馬が1着になる可能性が高いわけではありません。
以前有名になったハルウララはその負けっぷりで人気を博しましたし、馬の能力に関わらず騎手やコンピ指数から判断する人もいるかもしれません。
特にG1などの有名なレースでは実力に関わらず世間的に支持されている馬のオッズが高くなることも珍しくないので、馬の実力をしっかり見極めて馬券を買うことが重要です。

2、多点買い
単勝馬券の買い方として、基本的なのは一点買いですが、多点買いでも勝負することは出来ます。
しかし、前述の通りオッズが低い単勝は多点買いをするとトリガミになってしまう危険があるので、一点買い以上にレースの選択が重要になってきます。
多点買いの場合、最低でも払戻金が勝っている点数の馬券を上回る必要があります。
なので、1番人気が飛びそうなレースを選び、2~5番人気の払戻金が400円以上になりそうな馬券を選んで買うと利益を出すことが出来ます。
1番人気の馬が3着以内に入る確率は6割前後と言われていますので、1番人気の馬が飛びそうなレースの見極めと
1番人気の勝率を落とす理論が自分の中に確率していない場合は、手を出さないほうが良いと思います。

3、複勝と絡めて買う
単勝馬券で最も効率良く利益を出したいなら、複勝馬券と組み合わせて購入することをおすすめします。
1着になると思う軸馬を決めたら、その馬の単勝・複勝馬券どちらも購入します。
そうすれば選んだ馬が1着にならなくても、3着以内に入っていれば払戻金を受け取ることが出来ますし、
見事予想が的中して1着になった場合は、単勝と複勝どちらの払戻金も受け取ることが出来ます。
単勝と複勝馬券を絡めて買うことは、損を出来る限る少なくするリスク回避の方法なんです。
ただし、この方法でも買い方を間違えるとトリガミになってしまうことがあるので、注意が必要です。
複勝のオッズは単勝のものよりも低くなることが常なので、単勝と複勝で同じ金額の馬券を購入するとトリガミになってしまいます。
それを避けるために、馬券を購入する際は単勝、複勝共にオッズをよく確認しましょう。

馬の脚質は「逃げ足」を選べ!

サラブレッドには大きく分けて4つのタイプがあります。
「逃げ馬」「先行馬」「差し馬」「追込み馬」
追込み馬は1番後ろをついて行って最後に追込みをかけてごぼう抜きにするタイプで、競馬ファンから人気があります。
逆に逃げ馬は最初から先頭を走りゴールまで逃げ切るタイプなので、スタミナが持たずバテてしまうとどんどん抜かれてしまう傾向にあるため、あまり人気がありません。
しかし、回収率が高く結果的に「儲けられる」馬は逃げ足タイプだと思います。
追込み馬は後ろからごぼう抜きにしていくスタイルが格好良く、また最後の最後までどうなるか分からない展開は見ていて楽しめるので、人気が高くなることが多いです。
人気が高い=オッズが低くなる方程式ですので、的中してもあまり配当金が高くなりません。
また、1番後ろから追込むということは前が詰まったり不利を受けるリスクが高く、好走確立的にはあまり高くありません。
逃げ馬は大抵バテて下がってしまうことが多いので人気も低く、さらに能力の高い馬が集まるG1では逆に不利なことも多いのですが、
人気が低いということは配当金も高くなりますので、もし的中させることが出来れば大穴で高配当の可能性もあります。
リスク回避のために逃げ足の馬を単勝複勝合わせて購入しておくと、うまくいけば大きく儲けることが出来ます。

単勝競馬で高額配当を得る

単勝馬券は初心者にも分かりやすく買いやすい馬券だと思います。
しかし、オッズ1倍台の馬でもなかなか1着にならず、的中しても万馬券が出にくい単勝馬券だけでは儲けることは難しいです。
複勝や他の馬券と上手く組み合わせながら購入し、オッズやレースをよく確認して高配当を狙うことをおすすめします。
単勝でも、当てればその配当金が1億を超えるものも存在します。
WIN5という、指定されたレースすべての1着を当てる単勝馬券です。
オッズではなくキャリーオーバー制なので高額配当になりやく、100円で6億円を手にすることも夢ではありません。
単勝を極めて、競馬ファンなら誰でも憧れるWIN5に挑戦してみてはいかがでしょうか。

競馬の楽しみ方~武豊や福永祐一に注目してみよう~

◆競馬の楽しみ方が知りたい!

競馬はイギリスを発祥とするスポーツで、騎手の乗った馬により競われる競争競技、および着順と予想する賭博です。
日本では競艇・競輪・オートレースと並ぶ、国が運営を行っている公営ギャンブルの一つでもあります。

ただ走る馬が格好良いから好きという人もいれば、ギャンブルとして賭け事を楽しむファンもいます。
人によって様々な楽しみ方のある競馬ですが、ここでは「初心者の人が勝てる競馬の楽しみ方」を紹介したいと思います。

◆騎手を選ぶという方法

競馬で予想をするというと、まず馬の調教や血統を重視すると思いますが、
実は騎手も大きく勝敗に関わってくるんです。

◇騎手とは?
騎手には、関西の厩舎所属・関東の厩舎所属・フリーと大きく3つに分かれます。
厩舎に所属している場合、厩舎側が騎手に乗せる馬をある程度用意してくれます。
厩舎が担当する強い馬の乗せる可能性が高くなりますが、別厩舎の馬には乗れません。
フリーの場合、厩舎に縛られるころなく強い馬の乗れる可能性が高くなりますが、
成績が良くなければ騎乗依頼は来ないので、リスクも大きくなります。

では、騎手が騎乗する馬はどうやって誰が決めるのでしょうか。
これは、馬主の方針に基づいて調教師が決めます。
一般レースなどはその馬の所属している厩舎の騎手が騎乗することが多く、
G1などの重賞レースになると実力や名声がある騎手に依頼することが多くなります。
もし、1レースに複数の騎乗依頼があった場合は、騎手がどの馬に乗るか選ぶことが出来ます。

◇リーディングとは?
リーディングとは騎手や調教師、種牡馬などの成績に関する順位を指す言葉で、
シーズンの勝利数が最も多い騎手をリーディングジョッキーと呼びます。
日本では2位以下の騎手のこともリーディング○位と表すことがあり、これが騎手で競馬を予想する際にとても重要な指標になります。
リーディングジョッキーをまとめているサイトなどを確認すれば、その騎手の勝率や連対率を見ることが出来ます。
もちろん数字が良ければ良いほどその騎手が強いということになるますので、これは競馬を予想するうえで大きく役立つ情報だと思います。

◆圧倒的なカリスマジョッキー、武豊騎手

武豊騎手は日本中央競馬会の騎手で、JRA歴代最多勝記録および歴代最多騎乗数記録保持者として、
競馬ファンのみならず一般の方々にも広くお名前を知られています。

1969年3月15日、京都府京都市に生まれた武豊は、曾祖父は北海道の競馬に大きく貢献した函館大経、祖父は馬主協会元会長である武芳彦、
関西所属騎手として初の通算1000勝を記録した武邦彦を父に持つ、競馬エリートの一家で育ちました。
1987年に騎手デビューしてから僅か1年後にはG1菊花賞を制すると、親の七光りと言われた評価を覆すように順調に勝利を上げ、
史上最速・最年少の26歳で通算1000勝を達成しました。

武豊騎手は非常に知名度が高いため、競馬を知らない人でもとりあえず武豊の馬券を買っとけというような風潮にあるので、
馬券と絡めるとあまり回収率は良くありません。
しかし複勝率は44%を超えているので、騎手として十分強い競馬が出来ると思います。

◆3連複を狙うなら福永祐一騎手に注目!

福永祐一騎手は日本中央競馬会の騎手で、1年で最も優秀な騎手に送られる騎手大賞も受賞しています。

1976年12月9日、滋賀県栗東市に生まれた福永祐一は、父に天才と言われた元騎手の福永洋一を、叔父に元騎手の北村卓士持つ競馬一家に生まれました。
中学2年の時に騎手になることを決め、1996年に騎手デビューした福永祐一はあの福永洋一の息子ということもあり、デビュー前から注目された騎手でした。
史上2人目となるデビューから2戦を快勝し、この年のJRA賞最多勝利新人騎手も獲得しています。
2013年には菊花賞で牡馬クラシック初制覇と同時に、父・洋一との親子制覇も達成しています。
親同士仲が良かった武豊騎手が隣家に住み、競馬の道を志したのも武豊騎手の存在があったからと語り、本人同士の親交も厚い。

福永祐一騎手はG1などの重賞レースで弱気になってしまう部分があり、2~3着には食い込んでくるものの、
予想がなかなか難しい騎手だと思います。
しかし、複勝回収率92%と好成績なのは間違いないので、3連複など上位3着を予想する場合には目にとめておきたい騎手です。

◆騎手の特徴を比較して選んでみよう!

騎手には関西厩舎と関東厩舎が分かれ、それぞれで特徴が異なります。
さらに、騎手にも得意コースや不得意コースがあるので、リーディングの数字や回収率などを分析して予想に役立てると良いと思います。
素人ではなかなか手に入らない騎手の情報やデータでの分析などを細かく行っているのが競馬予想サイトなので、まどろっこしい数字を見たくない人や
自分ではなかなか予想が出来ないという人は、競馬予想サイトの利用をおすすめします。

おすすめ競馬予想サイト

ハイブリット

プライド

ルージュバック

力強く、キレのある走りをする競走馬!ルージュバック

◆力強い走りが魅力!ルージュバック

ルージュバックは2015年きさらぎ賞、2016年エプソムカップ、毎日王冠で優勝している5歳牝馬です。
今だG1タイトルには手が届いていませんが、ポテンシャルを秘めた馬であることが間違いありません。
今回はそんなルージュバックについて詳しく紹介したいと思います。

続きを読む

キタサンブラック

人気・実力NO.1!キタサンブラックの血統や成績は?

◆圧倒的な強さ!キタサンブラック

キタサンブラックは、演歌歌手の北島三郎氏が馬主であることでも有名な日本の競走馬です。
知名度だけではなく、重賞も制することが出来る強さも兼ね備えていて、ファンからの人気も高い
キタサンブラックについて紹介します。

続きを読む