ウマ娘」タグアーカイブ

第一回:競馬でウマ娘が100倍おもしろくなる~キャラの作り込み編~

競馬でウマ娘が100倍おもしろくなる

ウマ娘はかわいいだけじゃなかった!競馬好きだからハマれるワケ。

ウマ娘というコンテンツが「歴代競走馬の擬人化」(しかも美少女)と聞いたとき、
正直なところ、競馬ファンのほとんどが鼻で笑ったに違いない。

かくいう私も、初期のころに公開された「美少女たちがゲートから放たれて走る動画」を見たとき、
思わずめちゃくちゃ笑ってしまった。
そしてなぜこれにGOサインを出してしまったんだろうと本気で思った。

上述した動画公開から時は流れ、アプリは事前登録が始まりアニメも放映されている今、
初期こそ競馬ファン業界が悪い意味でザワついたこのコンテンツが、
競馬ファンにとって無視できないほどのコンテンツになっていることをご存知だろうか。
もちろん、良い意味で、である。

ウマ娘の魅力について、独断と偏見に基づきながら何回かに分けて紹介していきたい。

第一回:思いのほか細かい擬人化の作り込み

ウマ娘は前項でも述べたように歴代の競走馬たちが擬人化しているのだが、
この擬人化の作り込みが唸るほど細かい。

スペシャルウィークなどに見られる前髪の色や額の模様、
そして騎乗騎手の勝負服に色合いを寄せたウマ娘たちの「勝負服」のような、見ればわかるような部分はともかくとして。

アニメ第6Rにて、自室でくるくるとサイレンススズカが左旋回を繰り返すシーンがあるのだが、
実際の馬のほうのサイレンススズカにも左旋回を繰り返す癖があったのである。

「この癖を我慢できれば、レースでも我慢を覚えられるのではないか」という思いで矯正しようと、
畳などを天井からつるして旋回癖を抑え込もうとしたところ

サイレンススズカは物凄いストレスを抱え込み、レースに影響するまでになってしまったのだ。

また、食欲旺盛な競走馬で知られる名馬オグリキャップだが、
ウマ娘化してもその食欲たるや健在である。
OP映像からアニメ本編にいたるまで、映り込むたびに何かしらを大盛りで食べているのだ。

馬のほうでは密着取材のストレスから食欲を一切失うという出来事もあったが、
ウマ娘のほうのオグリキャップは…果たして。

そしてトウカイテイオーはウマ娘化するとダンスが得意な女の子になっており、
テイオーステップ(妙に脚色されたものではなく元ネタに忠実)を披露したり、
破天荒で愛されたゴールドシップはウマ娘になっても気分屋なままで、
気が向かない練習の間は画面端でトランプタワーを積み上げていたり。

最初は「ハイハイ美少女化だね可愛いね」とウマ娘のことを気にも留めていなかったのだが、
競馬仲間から噂を聞き、アニメをたまに観るようになり、
そうして気が付けば「この馬はどのようにウマ娘化されたんだろう」と公式サイトからキャラクター紹介ページを巡回してしまっていた。

なるほど、これがいわゆる「沼」なのか。

しかし逆に、競馬情報サイト大手のnet keibaにて
現役馬を差し置いてサイレンススズカの紹介ページがアクセス1位になったという知らせを見て、
競馬をよく知らない層もアニメからウマ娘で興味を持って競馬のことを調べてくれるようになったのだと実感した。

ぜひ、競馬にしか興味がない層にもウマ娘をチェックしてみてほしい。
歴代名馬の癖や逸話を思い出して、なんとも言えない温かい気持ちになれることもあるのだ。

最近のアニメでは天皇賞(秋)が放送された。サイレンススズカも出走した。
「ウマ娘」のサイレンススズカがどのような運命をたどったのか、気になりはしないだろうか。